お知らせ
    肌がきれいな女性

    ハイドロキノンは、美容皮膚科などでシミの外用薬として処方される美白効果の高い成分です。
    欧米ではシミ治療と言えばハイドロキノンと言うほど、広く知られている成分ですが、日本では2001年に化粧品への配合が認められました。
    紫外線を浴びると、肌内部ではメラニン色素が生成され、やがてシミとなって表皮にあらわれますが、多くの美白成分は、メラニン色素の生成に直接関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。
    ハイドロキノンは、この作用に加えて、メラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞にダイレクトに働きかけ、メラノサイトの働きを弱める作用もあります。
    つまり、すでにできてしまったシミに対する効果とこれからシミができないようにする予防効果というふたつの効果を期待することができます。
    ハイドロキノンはクリームに使われることが多く、市販の化粧品では1~4%ほどの濃度が配合されています。
    肌への刺激が強い成分のため、敏感肌の人はまずは低い濃度のものを試すと良いでしょう。
    どんな肌タイプの人でも、本格的に使う前にパッチテストをすると安心です。
    クリームをつけた絆創膏を、二の腕などに貼り、24時間くらいそのままにしておきます。
    赤くなったり、かゆみが出たりしなければ、問題なく使用することができます。
    また、ハイドロキノンを使用する際には、いくつか気を付けなければいけないことがあるので注意事項を把握しましょう。
    ハイドロキノンは、メラノサイトの働きを弱めますが、それによって肌は無防備になり、外部からの刺激を受けやすい状態になります。
    そのため、スキンケアに使用した後は、紫外線対策はしっかり行う必要があります。
    また、ハイドロキノンは劣化しやすいため、保管場所に気を付けて、早目に使い切るようにしましょう。ハイドロキノンで美白を手に入れても、女性は美容への意識が高いため他にも気になる部分があるという人は多いと思います。
    出かける前の準備に時間がかかってしまうのは何故か、それはヘアセットやメイクに時間がかかっているからです。
    仕事柄きれいに髪をまとめなければならない人、毎日ヘアアレンジを楽しむ人、目力アップのためにつけまつげやカラコンを付ける人、二重にするためにアイプチをしたりなど準備にはどうしても時間がかかってしまいます。
    そこで少しでも女性の準備の負担を軽減させるためにお勧めしたいのがまつげ育毛剤のルミガンです。
    まつげを伸ばしてカールさせてくれるルミガンがあれば、自まつげを変えるわけですから、つけまつげやカラコンをせずに目力をアップさせることができますし、目元が華やかになりますのでマスカラすら必要なくなりすっぴんにも自信が持てるようになります。
    また、ルミガンには副効用として二重になったという人もいますので、試しにつかってみるとアイプチも必要なくなってくるかもしれません。
    いいこと尽くしのまつ毛育毛剤ルミガンでまつ毛ケアしましょう。
    使い方も非常に簡単で、寝る前に塗るだけですのでめんどくさがりの人でもできると思います。
    また、ルミガンの他にまつげ育毛剤ではケアプロストがあります。
    このケアプロストは薬価が安いのが特徴で、何故かというとルミガンのジェネリック医薬品だからです。
    ジェネリック医薬品は先発医薬品(ルミガン)と同じ成分でありながら、安く入手することができるのがメリットのひとつとなっています。
    ハイドロキノンで手に入れる美白肌とルミガンやケアプロストで手に入れる華やかな目元で今とは違う自分を目指してみてはいかがでしょうか。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧